2015年12月26日

野沢菜の切り漬けの販売を開始しました。

野沢菜の切り漬けが良い味に仕上がりました。
まずは、醤油ベースのニンジン、ショウガ、鷹の爪で漬けた一般的な切り漬け。
野沢菜は結構硬くて噛みにくいのが難点。そこで食べやすく刻んで、さらに鰹節を加えてダシの効いたご飯によく合う、お茶漬けにも最適な一品にしてみました。
おいしくなりましたよ。

 もうすぐ第二弾の野沢菜漬けの下漬けが仕上がります。これは、いろいろ楽しんで漬けてみたいと思っています。
 どうしてもやりたいのがワサビ。ワサビの香りとツンとしたあの独特の辛味と野沢菜の相性は、今からワクワクするほど。自分が早く食べたいから作るんです。
 
 下漬けが済んだ野沢菜が、一体いくつの漬物にバケていくか、楽しみにしていてください。

noza1.JPG

posted by ねこ at 23:03| Comment(0) | 漬物

いよいよ漬物の販売開始。

いよいよ漬物の販売開始です。

まずは紅芯大根。見事に真っ赤に漬かりました。
紅芯大根は、もともと見た目も大根というよりカブみたいな姿で、色の赤い大根です。
皮が少し緑で、緑と赤のコントラストがきれいな魅力的な大根です。それを甘酢に漬けるとさらに鮮やかな紅色になります。歯ごたえは、カブと大根の中間みたいな歯ごたえです。
昆布をたっぷり入れてまろやかで食べやすい酢漬けに仕上がりました。

kousin1.JPG
タグ:紅芯大根
posted by ねこ at 22:48| Comment(0) | 漬物

2015年12月20日

野沢菜を干しました。

野沢菜を干しました。
浅川農場の浅川さんがうちのためだけに種を播いて育ててくれた野沢菜です。
寒波襲来で昨日降った雪がまだ残っていました。IMG_0452.JPG
凍てつく寒さでしたが、山々の風景の美しかったこと。野沢菜はできるだけ霜にあたったほうが良いのですが、今年の暖冬のせいで霜どころか雨が多くていっきに育ってしまったせいか、今年の野沢菜は香りが薄くて野沢菜というより青菜のようです。これをどうやっておいしく変化させていくか....腕の見せ所。
野沢菜は凍るほどにおいしくなると言います。どうか冬らしい冬になりますように。
ところで、野沢菜ってカブだってご存じですか?
立派なカブがついているんですよ。このカブもいっしょに漬け込みます。
この野沢菜が仕上がるのは1月中旬頃になると思います。IMG_0456.JPG
タグ:野沢菜
posted by ねこ at 00:14| 漬物