2018年04月16日

不思議なご縁

2018年の始まりからなんとなく不思議なご縁を感じています。
3月に東京の日本橋にある山梨県のアンテナショップ「富士の国山梨館」での企画展が2回決まっていたのですが、たまたまの偶然から2月に北杜市観光協会の応援で2日間日本橋の「富士の国山梨館」前の広場でテントでの物産展と桜のキャンペーンに出向くことになりました。
 
銀座から新橋までは、子供の頃からずっとゆかりある場所でした。私の父は若い頃からずっとその辺りがホームグラウンドで、自称か他称かわかりませんが「銀座のネコちゃん」でした。祖父も銀座に用事が多かったのか、祖父のお土産はいつも「天國」の分厚いかき揚げや「和光」で買ったものでした。母に連れられて歌舞伎座に歌右衛門さんの歌舞伎を見に行ったり、資生堂パーラーで母がお茶を飲む傍らで子供の私は美味しいスウィーツにありついたりしていました。子供の頃なにより好きだったのが、鳩居堂で、千代紙を見るのが大好きで、すっかり千代紙マニアになっていました。
 
大人になってからは、大学卒業後に誘われて入った写真学校在学中、二科の関係で写真展の手伝いでニコンサロン、キャノンサロン、コンタックスサロン、富士フォトサロンと一年中写真展の手伝いまわりにパーティーの手伝いにと駆け回っていました。写真学校の卒展も富士フォトサロン。
 写真の仕事を始めてからは、キャノンのプロクラブに入っていたので、キャノンサロンや銀一カメラにはいつも入り浸っていました。仕事関係も中央区や千代田区がほとんど。新橋、銀座、赤坂、六本木の日々。
 
そんな時代を経て、長年して山梨県に移住したのですが、何故かまた不思議なご縁で自分の仕事でまた日本橋に舞い戻ってきました。カメラを手に駆け回っていたのが、今度は加工品。
 かつて写真展のパーティーで秋山正太郎先生や林忠彦先生など、錚々たる顔ぶれの写真家先生のためにおつまみ片手に水割りやらビールやらで走り回っていた自分が、何十年後に今度は自分の加工品片手に試食販売をやっているのが、なんだか不思議やらおかしいやら。

お昼休みの休憩に「富士の国山梨館」の上にあるイタリアンレストランの窓際の席から久しぶりの銀座の人の流れを見ながら、変わったような変わらないような....やっぱり懐かしい風景かな、そんな気持ちになりました。
 

IMG_1656.JPG
posted by ねこ at 00:40| Comment(0) | 日記