2016年01月30日

スープについて

 うちの店はスープにはちょっとこだわりがあります。
 昨年末の八ヶ岳デイズの取材の後に、撮影用の料理が私たちだけでは食べきれないのでカメラマンさんにお願いして一緒に召し上がっていただいている時、たまたまそのスープに対するこだわりのことが話題になりました。
 
 私がスープについて話していると、カメラマンさんが「その話、取材の時にされましたか?」というので、聞かれていないから話していないと言いましたら、「それは改めてちゃんと聞いておかなければ。ライターさんに伝えておきます。」とおっしゃって、一度しまったカメラを取り出して、スープの写真を撮っていかれました。
 
 私のスープへのこだわりというのは、味ということもありますが、それよりも野菜の滋味、素材の滋味を引き出せるだけ引き出したいというものです。
 
 スープというものは、飲み物というより食べ物であるという考え方で、スープだけでも食事になるようなもの、それだけで人を温め、満たし、元気になり、支えられるものであるべきだという考え方です。
 人は生まれて最初にスープを口にし、そして死に至る最後の食事としてスープを口にする、最後に食することができる食べ物であろう。スープというものは、決してただの付け合わせのようなものではなく、命を支えるものであるべきだという考え方です。そのためにも素材の野菜は完全無農薬でなければならないというのが、もともとの私が無農薬にこだわる大きな理由でもある訳です。

 私が初めてスープと向かい合うことになったきっかけは、母の病気でした。
 母が病気で倒れた時、突然父が丸鶏を買ってきてたっぷりの野菜と共にスープを作り始めたのです。普段料理など滅多にしない父が突然スープを作り出したもので本当に驚きました。父は母のために一生懸命スープを作ったんですね。それが私が最初に出会った「病人を支えるスープ」でした。
 
 それから、私にとってスープは病人を支えるものとして重要なものとなりました。
パートナーが胃潰瘍で入院した時は、毎日スープを作り病院に届けていました。
 正直病院のおもゆばかりの食事ではとても人の体を支えられないように思えたからです。
大量の出血で血液が通常の半分近くまでなくなってしまった体にとって、食事というのも、食べ物というものは、その血となり、肉となり、皮膚となり、その体そのものを作るものであることを痛感しました。

 ずっと以前に、辰巳芳子さんの「あなたのために いのちを支えるスープ」という本と出合った時、辰巳芳子さんが私と同じ考え方をされていて、そこに書かれている言葉のひとつひとつが心に染みて、深く共感し、感銘を受け、そして辰巳さんの素材や料理に向かわれる気持やその言葉に感動さえ覚えました。

  辰巳さんほどのこだわりは持ててはいませんが、私なりに精一杯の気持で常にスープと向かい合っているつもりです。
 辰巳芳子さんの「あなたのために いのちを支えるスープ」は、私が間違って手を抜いたりいい加減なことをしないよう、自分を律するものとして、常に私の傍らに置かれています。

 スープから始まったものとして、食事は、食べ物は、すべて人の命を支えるものであるから、当然安全なものでなければなりません。
 それが「八ヶ岳の風のあるべき姿」であると私は考えています。


IMG_0146.JPG




posted by ねこ at 23:11| Comment(0) | スープ

2016年01月27日

農家さんについて 浅川農場 浅川さん

浅川さんとの出会いはタマネギのピンチヒッターとしてお願いしたことでした。
タマネギがなくて本当に困っていた時、とても良いタマネギを安く出しているということで紹介されたのが始まりでした。
 後でタマネギは浅川さんの本業ではなく、乾物が浅川さんの本業だと知り、それ以来、うちの店のお米、小麦粉、米粉などをお願いしています。店内でも販売していますが、完全無農薬、無化学肥料、除草剤不使用の、とても良質の乾物類をいつも届けてくれています。なかなか入手が難しい無農薬の小麦粉や米粉を、浅川さんのおかげでうちのお店はなんの不自由もなく十分に使わせてもらっています。
 豆類もやっていて、うちの豆類は浅川さんのものが中心です。生産量が少ないので、時には販売まで至らず、お客様に販売できずに残念なこともありますが、とても良質で、柔らかく、煮やすいおいしいお豆類です。
 
 浅川さんの畑は、とにかくロケーション抜群で、おまけに真ん前に小さなお寺があって、なんとも風情があるというか、行くたびに「好きな場所だなー」とつぶやいてしまうような所にあります。清々とした風が吹き渡るような畑で、野菜も良く育つような気がしてきます。
 
 このあたりには、浅川さんという苗字がものすごく多いそうで、浅川さんというと、必ず「どの浅川さん?」と聞かれるのですが、ある時、浅川さんの話しをしていて、「どの浅川さん?」と聞かれて説明したところ「あー!小麦の浅川さんか」と言われました。
 恥ずかしながら、浅川さんがそんなに小麦で知られていることも知らずにお付き合いしていました。
 
 浅川さんの小麦粉や米粉は、本当に丁寧に仕上げてあって、質もよく、米粉は2度挽きしてあるので、パウダー状で粒子がとても細かいなかなか入手できない貴重なものです。
 昨年は、ちょっとご無理を言って、まさか本当にやってくれるとは思わずに「浅川さん、野沢菜をちょろっと空いてる畑に播きませんか?」と言ってみたんですが、本当に種を播いて育ててくださっていて、うれしいやら感謝やらでした。
 
 そんな人柄の良い浅川さんは、今ではうちのお店にはなくてはならない農家さんです。
タマネギがご縁で知り合って、今ではうちの店を支えてくれる農家さんになっているなんて、人の縁の不思議さを思わずにいられません。
 
 浅川さんの乾物は、ネット販売でも販売しています。さらにヤフー店でも販売予定です。

IMG_0431.JPG
タグ:無農薬野菜
posted by ねこ at 23:58| Comment(0) | 農家

2016年01月24日

大雪で孤立しました。

今回の大雪、油断しました。
ここまで積もらないだろうと油断していたらドカっと降りました。
今回は5日間孤立しました。
前回の大雪の時は2週間弱孤立したんですが、食料などは備蓄があったのであまり困らなかったのですが、今回はちょっと甘く見たもので、不足品が結構あって、仕方なくリュックを背負って雪の中を徒歩で2時間半かかって買い出しに行くハメになりました。雪の中をザクザク歩いていくうちに、なんだか遭難しているような気分になりました。いつもは徒歩25分の道のりが遠かったのなんのって。

 そんな大雪でもキツネの足跡、シカの足跡が一杯。シカって体重があるわりに雪に沈まないで歩けるんですね。
 我が家から県道までは赤道の林道約700m。必死に雪を掘り進んで5日目にやっと開通しました。

 近所にかんじきウォーキングが趣味の方がいらっしゃって、大雪の時に林道ウォーキングするんですが、前回の大雪の時に雪かき中に突然横から現れて立ち話をしたんです。今回もまったく同じ場所で同じタイミングでひょこっと現れて、いやいやお久しぶりなんて立ち話しました。こんなのも大雪の面白さですね。
 でも、もう大雪は遠慮したいです。
 
 雪でほとんど姿が見えなくなった軽トラです。


IMG_0450c.JPG

タグ:大雪
posted by ねこ at 22:50| Comment(0) | 大雪