2015年12月26日

薪の販売と冬季の営業について。

12月26日から1月31日までは、レストランのほうは予約のみの営業になります。
その代わりに薪の販売を始めることになりました。
加工品の厨房のほうは漬物などの加工で大忙しですので、お店にはいます。
 御用の際は、店を覗いてみてください。

◎薪の販売を始めます。
 うちの大家さんが山を持っていて、そこから切り出したナラ材で、まあ見事な薪を作っているんですが、3年物の、薪の中でも最高の状態の薪を山ほどため込んでいたんです。それを分けていただいて薪ストーブで燃やしてみたら、長年薪ストーブを使っているんですが、こんなすごい薪、見たことがない!だったんです。
 まず、燃え方が違うんです。火もきれいで、内側からきれいに燃えている姿が良い。
何が一番驚いたかと言えば、温かさ。そして火持ちのすごいこと。今まで使っていた薪って何?という位の火持ちの良さでした。夜寝る前に太目のを2本入れて寝ると、朝必ずまだ火が残ってるんです。だから火付けが楽なこと。
 それから、薪が太くて立派なんです。
 その大家さん自慢の薪なんですが、新しい薪の入れる場所が必要だからうちのお店に販売を任せたいというお話がありまして、販売させていただくことになりました。

 正直、本当は売りたくない薪なんです。こんな薪、滅多にないですから。全部買い占めてうちで使いたいくらい。でも買い占める予算がないので、仕方なく販売することにしました。
 今はまだ販売準備中です。
 
 
タグ:薪の販売
posted by ねこ at 23:28| Comment(1) | 日記

野沢菜の切り漬けの販売を開始しました。

野沢菜の切り漬けが良い味に仕上がりました。
まずは、醤油ベースのニンジン、ショウガ、鷹の爪で漬けた一般的な切り漬け。
野沢菜は結構硬くて噛みにくいのが難点。そこで食べやすく刻んで、さらに鰹節を加えてダシの効いたご飯によく合う、お茶漬けにも最適な一品にしてみました。
おいしくなりましたよ。

 もうすぐ第二弾の野沢菜漬けの下漬けが仕上がります。これは、いろいろ楽しんで漬けてみたいと思っています。
 どうしてもやりたいのがワサビ。ワサビの香りとツンとしたあの独特の辛味と野沢菜の相性は、今からワクワクするほど。自分が早く食べたいから作るんです。
 
 下漬けが済んだ野沢菜が、一体いくつの漬物にバケていくか、楽しみにしていてください。

noza1.JPG

posted by ねこ at 23:03| Comment(0) | 漬物

いよいよ漬物の販売開始。

いよいよ漬物の販売開始です。

まずは紅芯大根。見事に真っ赤に漬かりました。
紅芯大根は、もともと見た目も大根というよりカブみたいな姿で、色の赤い大根です。
皮が少し緑で、緑と赤のコントラストがきれいな魅力的な大根です。それを甘酢に漬けるとさらに鮮やかな紅色になります。歯ごたえは、カブと大根の中間みたいな歯ごたえです。
昆布をたっぷり入れてまろやかで食べやすい酢漬けに仕上がりました。

kousin1.JPG
タグ:紅芯大根
posted by ねこ at 22:48| Comment(0) | 漬物